格闘技LOVE
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北岡悟選手

1980年2月4日生まれ。パンクラスを経て、2008年戦極参戦。参戦するや否やライト級グランプリを圧倒的強さで制し、五味への挑戦権を得る。そして伝説の1・4戦極の乱2009で五味を破り戦極初代ライト級チャンピオンとなる。その後二連敗の後四連勝、そして青木真也選手との日本MMA最高峰の戦いを行う。今年6月には強敵・菊野克紀選手を完封した。

北岡選手参戦その4
北岡選手の考えるプロ格闘技、北岡選手とUFC、北岡選手とONE FC、DREAMについて、大みそかについて









北岡選手参戦その3
菜々緒について、北岡選手の今後について、次の試合について











北岡選手参戦その2
北岡選手はいつからそんなに強くなったのか、五味戦、北岡選手のエンタテイメント性、ガンダムで好きなキャラ、ほんと軟弱者だよね、現代人はホワイトベースに戻るのか







北岡選手参戦その1
菊野克紀戦の戦略、三日月蹴り対策、青木真也戦、青木選手のONEFC参戦について、光岡選手のUFCでの試合について









青木真也選手

1983年5月9日生まれ。修斗を経て、2006年PRIDE武士道参戦。2006年12月31日、PRIDE 男祭り 2006でヨアキム・ハンセンと対戦、秒殺。2007年6月17日、グラップリング大会『DEEP X』のメインイベントでペドロ・アキーラと対戦、秒殺。2007年12月31日、やれんのか! 大晦日! 2007出場。2008年4月29日、DREAM.2でJ.Z.カルバンと対戦、勝利。2008年6月15日、DREAM.4の2回戦で永田克彦と対戦。圧勝。2008年7月21日、DREAM.5のライト級グランプリ準決勝で宇野薫と対戦。完勝。決勝でヨアキムに敗れる。2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜でエディ・アルバレスと対戦、勝利。「UFCよく聞け、日本がトップだコノヤロー!」と発言。DREAM、日本格闘界を背負っていく存在に。2009年3月8日、ウェルター級としてデビット・ガードナーと対戦、勝利。ウェルター級トーナメントの桜井マッハ速人との対戦前に「いつまでもやらせていたら新陳代謝しない。平たく言えばオヤジ狩り」と過激に挑発。一転してヒールキャラになる。2009年4月5日、DREAM.8のウェルター級グランプリで、マッハのパウンドでKOされる。2009年4月29日、「DEEP M-1 CHALLENGE 3rd EDITION in JAPAN」でエメリヤーエンコ・ヒョードルとエキしビジョンマッチを行う。

格闘技LOVE第三回「青木真也選手降臨」その4
青木真也「UFC日本大会」「2012年の格闘界」「プロエリート」「格闘技LOVE」「ツイッター」「青木選手の想定した北岡選手の戦略」「フロントチョーク」「バックチョークが極まらなかったのは」「高谷リオン」「DJ.taiki」







格闘技LOVE第三回「青木真也選手降臨」その3
青木真也「廣田選手について」「2009年大みそか」「青木選手と世間」「魔裟斗選手について」「奥さんとの会話」「DVDの内容」「2012年の日本の格闘技」







格闘技LOVE第三回「青木真也選手降臨」その2
青木真也「青木選手は街を歩くとき顔を隠さないのか」「青木選手のオラオラの原点」「ギルバート・メレンデス」「川尻達也」「桜井マッハ速人」「青木選手とプロレス」「北岡選手とのその後」「UFC」「フランク・エドガー」







格闘技LOVE第三回「青木真也選手降臨」その1
青木真也「UFCについて」「青木選手の次の対戦相手」「菊野克紀」「青木選手の自己管理」「丈太郎君という名前はジョジョからなのか」「青木選手の好きな漫画」「青木真也選手は松本人志さんの影響を受けてるのか」「なぜ入場曲がバカサバイバーなのか」「長渕剛、矢沢栄吉について」「北岡選手について」



記事